あなたのシェアが助けになります

評判のホンダオデッセイ新型試乗レポート

あなたのシェアが助けになります

ブログや口コミサイトの評判どおり?

新型試乗レポート

2013年フルモデルチェンジされて、オデッセイもなんと5代目になりました。ハイブリッドでなくとも燃費が良く、7人乗りの実用性が魅力です。シートや二列目、三列目の変更点が大きな特徴ですが他にも大きなあるんでしょうか?無限カスタムがカタログに載らないのもホンダの七不思議のひとつ。

2014年2015年とライバル車も進化している中で自動車としての完成度が気になります。低床化での乗降性や低重心な走行性で人気のクルマは新型(RC)になってどのように変わったのかチェックしましょう!

燃費

オデッセイ評判

新型オデッセイにはハイブリッドモデルはありませんが、燃費の良さは同系列のミニバンと比較しても同等です。ハイブリッドシステムの特徴を理解しなくともそのまま11.6から13.8km/lの性能を出せそうなくらい。重量はミニバンとしては軽い部類で燃費向上にも役立ってくれるでしょう。エリシオン比較しても遜色ない性能を出しています。基本的に実燃費はドライバーの使い方次第なので、アイドリングストップを効かせて低燃費走行することが必須ではありますが。

オデッセイの実燃費

乗り心地

ホンダ純正ホイールタイヤ画像18インチタイヤのほうが乗り心地は悪く感じるかもしれませんね。これは一般的な話で、新型オデッセイ評価が悪いということではありません。アブソルートEXは標準装備が18インチタイヤのため、基本的には変更ができません。

高速道路で突き上げ感がない印象があります。乗用車としては少し固めな感想ですが、柔らかくするサスキットもあるので問題はないでしょう。急ブレーキをかけてもノーズダイブ(前のめりになること)がなく、安定感があるところは評価の高いポイントでしょう。

居住性 快適性

オデッセイ居住性室内画像両側スライドドア 先代のRB系のロー&ワイドとはイメージを変えて、一般利用者のニーズに合ったミニバンの使いやすさに重点がおかれています。キャプテンシートやサードシートを拡大するためにボディサイズや重量も拡大傾向です。容量が拡大されたラゲッジルーム、小物類など収納スペースも増えて実用度は120%アップ!

低重心のオデッセイは走行性能を犠牲にせずに内部を広く取り、乗降性や使い勝手を改善してきました。特徴的なところは二列目シート。セカンドシートでも快適性が上がっていて、シートを倒すと休憩や車中泊にも利用できるくらい!オットマンも装着されて、先代RBよりもくつろげる空間が出来上がっています。8人乗りは普通のベンチシート形式で7人乗りがキャプテンシート形状になります。

乗用車女性評価評判

走り 走行性能

当然ですが、ミニバンなのでドライバーポジションは高く見通し良好。ただダッシュボードでクルマのバンパー付近は全く見えないため、市街地走行では接触事故などの注意が必要です。オデッセイはセダンに近いようなハンドリングが魅力ですが、横風や高速走行時でのふらつきなどは気をつけながら走る必要があります。

曲がりやすいと評判のホンダオデッセイですが、ややアンダーでドライバーにとっては安心感は感じるでしょう。一列目のシートはステアリングに近く、スポーティなドライビングポジションを出しています。その分少し狭いと感じるドライバーも出てくるかもしれません。

機能

ody-carnaviパーキングアシスト機能も付いてます。フロントのモニターにバックモニターが表示されて、パネルにタッチ式で操作することで設定を変更。音声ガイドで次の操作を指定がされます。

パーキングアシスト機能が作動するとステアリング操作は自動的に行ないますが、アクセルやブレーキ操作はドライバーがコントロールします。Dレンジへ入れたりとシフト操作やパネル操作は自分で行ないますが、バックモニターが付いているだけでも操作感は抜群!床の白線を自動認識してCG補正して表示してくれるので、かすれているホワイトラインも分かりやすくなっています。

運転手の荒いアクセル操作やエアコン無駄使用でも燃費は車両制御システムが調整します。アイドリングストップ機能も自分でON/OFFが選べて使いやすさが向上しています。USB端子などで電化製品も使用可能。エアコン設定温度が調節できて室内温度を適正に保てます。

アブソルート

18インチタイヤ標準装備でクイックなハンドリングが特徴。FF車なら18インチ、4WD車なら17インチタイヤで乗り心地や操縦性も選択できます。専用装備(強化ダンパー、スプリングなど)が装着されてホンダの走りを強化しています。

ホンダエンジンでのトルク感やエンジンフィーリングが他とは違ったインプレッションを感じさせてくれるでしょう。もちろんお買い得なグレードは「G」ではありますが、アブソルートもホンダのイメージ通りに仕上がってきていると言えます。

8人乗りでもスポーティさを求めたいユーザーのニーズに合った車。車高は少し高くなっても4WDや追加装備で更にレベル高いバランスを目指してきています。

YOUTUBE動画:アブソルートEX試乗動画

まとめ

ホンダは「ホンダらしさ」との戦いでもあります。自分自身のイメージとミニバンとしての性能。走行性と快適性の両立を図ることが難しいテーマでありながら、正面から答えを出してきている所がRC型のオデッセイの高評価ポイントでしょう。2015年の今では中古車も多く流通してきて、新車選びにも悩まされそうです。新古車、中古車、新車とグレード選択。ミニバン選びは競争が激しいのです。

本当の評価を知りたいなら自分で乗るしかない!ディーラーで試乗するのに飽きたら後は買うかどうかです。楽天市場でも新車買える!って知ってましたか?見てみるだけならタダなので、見積もりしたりするのも楽しいですよ!

 

あなたのシェアが助けになります