あなたのシェアが助けになります

オデッセイは高さありすぎ?全高と制限

あなたのシェアが助けになります

RB1からRC1への変更点

オデッセイ新型ボディサイズ

新型車がフルモデルチェンジするとワクワクしませんか?スペックデータを見て想像力を膨らませると新車に買い替えて先進技術を体験したくなります。ホンダ車ならなにか斬新なことをしてくれるはず・・・。

RC1オデッセイは今までのピリッとした走りとは違って、ボディサイズを拡大して居住空間を広げてきました。アブソルートでも車高ダウンや足回り強化よりも高級車の安全装備や快適オプションなどで最安値のGなどとは違ったグレードに変化しました。

だからこそダウンサスを装着したい。そういうオーナーもいるでしょうから自動車の車高変化と走行性能についてまとめてみました。

高さ制限

オデッセイ高さミニバンハイト画像
新型オデッセイRC1
全高 1685mmから1715mm
室内高 1325mm
最低地上高 150mm

先代のRB系が全高1550mmだったことを考えると大きくボディサイズが広がっていることが分かります。大きくて重くなったことはマイナスなのかな?と考えがちですが、RB1の室内高が1220mmだったので、約100mm拡大したことがわかります。

ただ問題点もある!デパートやビルなどの地下駐車場に降りていくリフトや立体駐車場の高さ制限は1550mmのところも多いのです。狭いビルの内部にある駐車場を利用する時は新型オデッセイでは制限オーバーになってしまうでしょう。大型の駐車場では高さ制限2.0mや2.2mの看板が出ていてそこは問題なく入庫できるでしょう。

屋外の空き地などに設置されている機械式の立体駐車場は全高以外でも全長や重量制限まであります。新型オデッセイは車両重量が1800kgでもちろん大型の3ナンバーミニバン。こりゃムリだ!といってもムリに利用しようとして機械を破損して賠償請求される人もいるので注意しておこう。

歴代オデッセイの全長比較

車高アップ(リフトアップ)

車高を上げる目的で車高調を装着する人はあまりいませんが、車高アップもパーツによってはできます。ただ車高調キットの調整範囲は100mm以下がほとんど。普通はローダウンするためで、純正サスペンションから替えるとたいていは車高は下がるものでしょう。リフトアップするなら車高調を調整するだけでは足りません。

エアサスキットがアマゾンや楽天市場で販売されています。上記画像のエアーサスペンションも社外品でパーツ代もバカ高いし取り付け工賃も10万円ではすまない!ただリフトアップするならエアサス装着すると状況に応じて車高変化が出来るようになります。車内のダイヤルやボタン操作などで段階的に車高調整します。停車中は下げて、走行中は上げるなどシーンに応じて使い分けられますね。

車高ダウン(車高短)

aerospilit積丹って誰か言った?ローダウンでもシャコタンでもドレスアップや走行性能向上には役立ちます。適切な改造車なら高級車のような減衰と乗り心地が出てきて、ふわふわでもゴツゴツでもない感想を持つはず。評判の高いドイツ車BMWやメルセデスベンツ、ボルボやゴルフなどの欧州車とは違うでしょうが、不快に感じやすいロール挙動やピッチングを抑えるのにも車高ダウンされたりします。

ただ例に挙げた欧州車の車高はけして低くありません。乗り心地が良いとされるクルマは適度な車高でロールもしていて、でも乗員は疲れにくいが特徴なのです。「しなやか」とか「しっかり」と表現されるような足回りでロングドライブには向いています。

日本のインチアップ+フルエアロ+ローダウンの改造ではサスペンションのストロークも減らして地を這うようなレーシングカー的な良さを出したいのでしょう。チューニングしていて質の高い車高短車は、けして跳ねずに硬すぎずに快適で安定しています。

オデッセイの車高を下げてスタックしたり路上でトラブルがあったら日本自動車連盟(JAF)のロードサービスを受けるとレッカーや牽引などの対応をしてくれます。入会しておくと無料でガス欠からバッテリー上がりまで対処してくれるので入会しておくべきでしょう。

自動車保険での対応の違いがあるからJAFに加入が必要なのです。キーのとじ込みやガス欠で来てくれない損保会社もあるでしょう。旅行で車高の低いクルマで走行不能になったり、タイヤパンクやバーストが起きれば移動不能になります。その前に入会しておいて、トラブル時に電話連絡すれば急なときにも解決できるでしょう。

 

あなたのシェアが助けになります