あなたのシェアが助けになります

次期オデッセイ出た!ハイブリッド発売時期はいつ?

あなたのシェアが助けになります

時期型最新情報2017年

2018 Honda Clarity Plug-In Hybrid

2017年北米国際自動車ショーで新型「ODYSSEY(オデッセイ)」を世界初公開

 Hondaは、米国ミシガン州デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(プレスデー:2017年1月9日〜10日、一般公開日:1月14日〜22日)で、新型「ODYSSEY(オデッセイ)」を世界初公開します。

 北米において、オデッセイは6年連続でミニバンとして販売台数第1位※を獲得しました。今回発表する新型オデッセイは北米モデルの5代目で、洗練された新しいエクステリアデザイン、パワートレイン、ファミリーユーザーに満足いただけるパッケージや先進の安全運転支援システムを装備するなど、上質な走りと使い勝手を兼ね備えたモデルとなっています。
ニュースリリースより

ホンダ英語版公式サイト

現行のRC2型オデッセイにもハイブリッドモデルが追加されました。先安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全グレードに標準装備。高齢ドライバーの事故やセーフティドライブへの関心度が高まったといえます。

ホンダニュースリリース

HONDAの次世代開発

次期オデッセイ

新型RC1次期型発表ニューススクープ画像で自動車情報はにぎわっています。「ホンダF1撤退か?」というのもいつものウワサ話で、スクープとしては聞き飽きた感がありますね。

オデッセイのファンからすれば、次期新型で大幅な改良が出て4WDの革新的なハイブリッドを搭載!という情報を見てみたいものです。アブソルートでハイブリッドで、走行性能でも進化した「ホンダらしい」車作りが見たいものです。オデッセイの今後を考えてみましょう。

次期型発売情報

オデッセイ次世代新車

日本の自動車メーカーは5年おきから10年おきでフルモデルチェンジを行ないます。2013年オデッセイ新型にフルモデルチェンジしたため、次期型の発売時期は2018年頃が予想されます。ミニバン人気の落ち込みが続くようなら、FMCせずに生産終了という可能性もあるでしょう。

オデッセイは2014年になって20周年になります。ABSOLUTE・20th Anniversaryも発表され、開発生産は今後も続いていくことが約束されていると思えます。

オデッセイはミニバンとして発表当初は好評でしたが、ここ最近の2015年では販売台数で苦戦が続いています。次期オデッセイが発表されたとしてもハイブリッドが搭載されるかは未定のままになっています。

オデッセイとハイブリッド

評判評価オデッセイハイブリッドシステムはエンジン開発と密接に関わってきます。エンジン開発の技術者は「パワープラントの開発には5年、10年以上の歳月がかかる」と言います。ホンダはSPORT HYBRID SH-AWDでヴェゼルやCR-Zなどにはハイブリッドシステムを搭載しています。同系ミニバンのフリードは開発当初からハイブリッドモデルがあります。オデッセイとの違いはこの開発経緯にあるかもしれません。

重量増や価格の高騰など、現在のハイブリッドには課題もあります。ただ未来のエネルギーとして環境への配慮、動力源として期待が持たれている技術なのです。ホンダのエンジン技術は高い評価を得ています。アブソルートの走行性能が目立ちますが、市販乗用車として独自の存在感を残し続けていて欲しいものです。

Sport Hybrid SH-AWD評価

brond4輪制御技術とハイブリッドを組み合わせたのがSport Hybrid SH-AWD。スポーティな走りとエコ、燃費の両立を図った夢のシステムと言えます。以前にもこうした4輪制御システムはありましたが、ホンダは今まで電子制御技術よりもナチュラルなクルマの走りを重視してきました。現行のRC系には装備されていませんが、次期(RD1?)ではモーターや電気エネルギーを利用した4輪駆動システムの装着が期待されます。

リアのツインモーターで発進

エンジンで加速しながら充電

ツインモーターで加速

減速時に回生ブレーキで充電

フロントは通常のFF駆動+モーター、リアはモーターのみで必要な時にリアモーターは作動します。フルタイム4WDのような力強い加速よりは経済性を重要視されている駆動システムのようです。動力性能の高いシステムも開発されるかもしれませんが、環境への関心度の高まりから、エコロジーでクリーンなエンジン技術と排ガスに特徴のあるシステムが望まれています。

次期型はRD1になるでしょうが、ディーゼルや先進的な技術で自動運転・

まとめ

革新的なエアサス4WDシステムを搭載した、全く新しいアブソルートの開発を期待するのは評論家だけではないでしょう。2014年には消費税も増税されて、自動車のコスト負担も増えました。オデッセイにはハイブリッドがありませんが、エコカー減税の対象車です。

RB1などの中古車でも十分に燃費は良く、乗用車のようなクイックなハンドリングが楽しめる車ですね。無限仕様車アブソルートの評価をするには試乗してみるしかありませんが。

 

あなたのシェアが助けになります