あなたのシェアが助けになります

オデッセイ車検費用はいくら?相場を知っておくと料金節約に

あなたのシェアが助けになります

車検更新と買い替え

◆車検費用
7,000~15,000以上
購入後3年・6年・10年を目安に車検費用も上がる
部品や修理部分が増えると費用が高くなる

◆買い替え時の費用
車両本体 800,000~5,000,000円以上
マイカー売却 0~3,000,000円以上

車検更新せずに買い替えすると、費用はいくらかかるでしょうか?

実は、5年10年乗り続けた中古車よりも新車に近いほうが高く売れます。

二度目の更新時に査定額は大きく下がるという話もありますね。

走行距離や年式で金額は大きく変わります。

愛車に不満が出て来たら、乗り換えるのもお得なカーライフと言うわけです。

ホンダ車ミニバンの料金

車検費用相場いくら

自動車の維持コストに頭を悩ませている人なら絶対に知っておいて欲しいことがあります。

車検代金は5万円~15万円ほどかかります。ただ削れる所は削るのがおすすめ!ユーザー車検で料金を安くしたいと思っていても、審査に不合格になりパーツ代や修理費などで余計な料金を支払う人もいます。

オデッセイは燃費の良いクルマですが、本体価格も高め。アブソルートが欲しくても価格の高さから廉価モデルに乗る人もいるでしょう。車検費用はアブソルートでもB・Gでも大差はありません。それよりももっと車検代金を安くする方法を考えて見みましょう。

法定費用

オデッセイ費用

車検を受ける時には法定費用が必要です。車両重量税・印紙代・自賠責保険料の3つから成り立っています。費用の内訳を気にしない人なら細かい料金を気にしないでしょうが、ここも車検を受ける所しだいで大きく車検代が変わることろなのです。

税金は難しくて分からない!という人なら速攻で車検代を安くする方法を使って料金を抑えましょう!

近くのセンター探す方法

重量税

警察車
今の車は重い!ダウンサイジングが人気と言ってもボディサイズは大きくなって軽自動車でも重量は重くなってきています。重量税は課税対象(つまり自分のクルマ)が重ければ重いほど支払う税金が変わる制度なのです。

オデッセイならエコカー減税に対応していて重量税が安くなります。乗用車の場合は2t以下なら3年で49,200円支払うことになりますが、エコカー減税に対応した新型オデッセイなら25%から75%まで減税されます!何年度の燃費基準を達成しているかは取扱説明書やホンダディーラーで確認すれば分かります

自賠責保険料

新車を購入した時、車検を更新する時に加入するのが自賠責保険料。持ち込む場所で料金は変わりません。料金の目安は27,000円で、この料金を割引きしたいと思ってもできないでしょう。

車検代を安くしたいからと値引き交渉してみても、これは1円も値引きされません。保険と聞いて「自分には必要ないな~」と思っている人ほど事故を起こしやすくて修理費や慰謝料などを支払うことになるんです!強制保険と合わせて加入すると年間維持費は大きく増えて、5万円から10万円ほどの料金が必要です。

車検代行料・点検整備料・印紙代

クルマを買うとき、車検を取る時に必要になる国税が印紙代(印紙税)です。整備工場やディーラーで支払っても料金は1,000円から2,000円になるでしょう。

代行料や点検整備料が安くする大きなポイントになっています。もしオデッセイの中古車・新車が買いたいならここを見直して年間維持費を節約しましょう。整備士免許を持っている車検センターなどでは高い値段になりがちです。価格比較をするならインターネットから車検代金を一括見積もりして費用を浮かせていくしかありません!

持ち込むところによって大きく金額の変わる所です。ガソリンスタンドなら安くなり、資格のあるディーラーが点検するところと比較すると半額になることもあります。

整備料や代行手数料は、値引ききされやすい部分なので安くしたいならこの部分に交渉をします。基本点検料も含めて、車検代の大きなポイントになる部分です。確かな整備がお望みなら、ディーラー系の店に持ち込むことをおすすめします。

見積もり相場

車検費用は持ち込むところで大きく変わります。

維持費を安くすると、普段の食生活でももっとレベルの高い生活ができますね!たかだか1,000円か2,000円だろうと考えているなら、ちょっと考え直してみてください!

整備工場や日産自動車、エネオスなどのガソリンスタンドでは車検代が5万円も違うことがあります!一度の費用でこれだけ違うなら絶対に比較してみて良いサービスを受けたくなりますね。車検料金にも価格相場があります。

CMや広告で見たことがありませんか!?こ車検見積もりサイトは公式サイトから車検価格を調べられるサービスもあるんです。しかも無料!WEBサイトからアクセスしてみて価格比較をしてみると普段の維持費を節約することもできます。

方法は簡単。住所地や車種の情報などを入力すればOK。自分の近隣の車検センターや整備工場などから比較見積もりができます。住所から近隣の候補地選びができ、サービス内容や料金、地図情報に電話番号なども分かる!そのまま見積もり依頼するにもダイレクトに連絡が取れるというわけです。

●某大手自動車ディーラー
11,499円

●某有名ガソリンスタンド
7,6500円

その差は4万円です!

割引きクーポンや出張査定、保証の有無などを比較すれば最適な場所が見つかります。インターネットから価格相場を比較すると、料金が安い所がすぐに分かります!もちろんきちんとした資格のある整備センターを探すこともできます。

おすすめ車検見積もりサイト

ranking-free-sozai1
ランキング1位
自分で選べる
カーセンサーの車検費用一括見積もり
カーセンサー.netは大手リクルートグループ運営の自動車情報サイト!日本全国の車検センター・ガソリンスタンド・指定工場・車検代行業者の中から一括で無料見積もりができる。電話番号は公開されないので何度でも比較検索が可能!そのままセンターに申し込みができるので、車検切れが迫ってきたら利用すべきだろう。価格比較がしやすく店舗の情報も分かるため、その後の連絡や交渉でもスムーズに行なえる。激安店からメーカー系の整備工場まで幅広く検索可能!日産自動車や地元の整備工場など信頼性で選ぶこともできる!

ranking-free-sozai1
ランキング2位
自宅で車検リボ可能
Goo車検
雑誌やgoo.netでおなじみの無料車検見積もりサービス。探す・調べるのが面倒な人に最適。自宅に近くて最適な車検場手配してもらおう。

ranking-free-sozai1
ランキング3位
安さが光る
⇒ホリデー車検
ホリデー車検の専用工場が探せる。 「はじめてくん」「まかせてくん」は初心者や一般オーナーにおすすめのサービスです。早さ、安さでは定評があり、一部で人気があるぞ!

ユーザー車検で値引き?

ユーザー車検とは所有者が自分の手で検査を行い車検証の交付を受けることです。料金は検査手数料と法定費用の二つだけ。検査会場に車を持ち込み審査に合格すれば自分で作業を行なう分だけ費用を節約できます。

実際に検査に合格するためには手順や書類の準備を行なう必要もあり、気軽に日帰り行って来て合格するとも限りません。車検に通らないライトやマフラー、モニターなどを取り付けていると車検証が交付されずに後日再審査となります。値引きをするのも苦労がいりますよ。

 

あなたのシェアが助けになります