あなたのシェアが助けになります

オデッセイのRBはマフラーカッター交換で新型以上の豪快さ!

あなたのシェアが助けになります

RB1でも新車以上の迫力に

マフラーカッター装着体験

aerospilit自動車のカスタマイズというと、シャコタンにしてフルエアロでウイングも取り付けて、豪快な排気音を出すマフラーが定番でした。今は車検や規制の関係もあって、サウンドチューニングよりはドレスアップが人気。低価格で初心者でもできるライトチューン仕様としてマフラーカッターが人気です。

オデッセイアブソルートの走りのイメージにはピッタリ!ハイブリッドなんて必要ないので、カッコイイカスタムカー作ってオデッセイを新型以上の良いクルマに仕上げましょう!

マフラーカッターとは?

リアマフラー(タイコ)の部分の先端に装着するドレスアップパーツのことです。排気音はあまり変わらず、リアビューの迫力具合が120%以上アップするのが特徴。

真円やチタンカラー、デュアルマフラー形状などメーカー各社から色々なパーツがリリースされています。激安製品なら1000円程度で買えます。5JIGEN、シルクブレイズなどが有名で、価格も5000円から100000円程度で購入できます。

エムズスピードやエクスクルーシブゼウス製はリアスカート部分などと組み合わせるようなハイエンドモデルを販売しています。価格が500000円以上で、コンプリートカー並みの派手で迫力のあるドレスアップが完了!RB1・2やRB3・4用のカスタムパーツが多いので、新車RC以上のスタイリングが欲しいなら検討すべきでしょう。

マフラーカッター交換方法

体験談口コミ

作業はベテランの整備士なら20分以内で取りつけが完了します。初心者でも説明書などを見ながら30分で装着できるでしょう。作業前にはエンジンを停止して1時間以上置くことをおすすめします。タイコ部分は熱せられるので火傷することもあるためです。ジャッキアップなどは不要ですが、軍手にレンチとスパナ程度は準備しておきましょう。

1.新品にボルトを取りつける
 通販やカーショップなどで買ってきたマフラーカッターに仮組みようのボルトをセットします。手作業でOKなので、締めすぎないように適度にはめこんでおきます。

2.純正マフラーと仮止め
 交換用のマフラーカッターと純正サイレンサーとがうまく合うように取り付けていきます。種類によってはガタが出たり、斜めになってしまうものもあるので、少し離れて見てズレがないか確認しましょう。

3.ネジを締める
 レンチでボルトを締めていきます。一箇所だけを先にきつく締めてしまわずに、全体的に少しずつ締めていくのがポイント!マフラーカッターなどに六角レンチなどが付属しているならそれを使いましょう。走行時に落ちてくることがあるので、緩みがないように、スパナなどできつく締めておきましょう。最後に脱落防止用のワイヤーなどで固定したら完成!

まとめ

マフラーカッターはポン付けに近いのでかんたんですが、対応車種はあるのでオデッセイの型式確認するのが大切!アブソルート用と他のMやGグレードでは同じことがほとんどですが、一部では非対応になることもあります。

新型オデッセイRC1用の改造パーツも出回っていますが、リアマフラーはRAやRBが豊富!人気の18インチのアルミホイールLEDカスタムでカッコよくキメたいね!

 

あなたのシェアが助けになります