あなたのシェアが助けになります

今さら?タイヤ交換の仕方でオデッセイの持ち込み工賃を節約!

あなたのシェアが助けになります

パンクやバースト、トラブルに

タイヤ交換体験談

中古車や新車で気分良くドライブしていると遭遇するのがトラブル!新型オデッセイアブソルートで高速道路を飛ばして走っていたら、急に直進性がなくなってふらついたりしたことありませんか?ホンダスピリット!とスピード出しすぎてカーブを曲がりきれないことも起こります。事故車買取業者に売るのも最後の手段なのです。

最近のタイヤはグリップ力も高くて高性能。でもトラブルや異常は起こるものです。見た目はいつもどおりの黒くて丸いゴムのかたまり。元気が良いようでもタイヤいつか交換が必要です。緊急時のための交換方法ややり方、適切な時期などを考えてみましょう!

履き替え時期

タイヤ事故クラッシュ冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)はチェーンとは違い、冬季以外でも走行できます。面倒だからオールシーズン使っちゃおう!というズボラな考え方では危険が潜んでいることもあります。スタッドレスタイヤはウェットグリップ性能が劣ります。雨の多い日本ではハイドロプレーニング現象が危険です。ブレキー性能やグリップ力も落ちるので、冬専用にしておきましょう。

冬用タイヤへの交換時期は地方にもよります。急な降雪が予想される地域なら早めに秋の終わりごろから履き替えて対処してもいいでしょう。雪の少ない地域でも準備だけはしておくと安心!反対に夏用タイヤへの交換は遅らせてもいいかもしれません。

夏用、冬用の両方でタイヤが磨り減ってスリップサインが出てきたらタイヤそのものを新品に交換する時期です。残り溝が約1.6mmになったらそのタイヤは廃棄して新しいタイヤに履きかえるサインとなります。オデッセイはスポーツ志向の強いクルマで、アブソルートでスピードを出して走るならタイヤの減りにも注意が必要です。

タイヤ交換方法

車載のジャッキ、クロスレンチ(トルクレンチ)があれば最低限の準備はそろいます。工具フルセットを持ち合わせていなくとも履き替え作業は完了しますが、念のために軍手やタイヤストッパーも準備しておくと確実。ホイールの締め具合は強すぎてもいけないため、トルクレンチを使うと適度な締め加減が分かります。デジタル表示されて警告ブザーもなるので分かりやすくおすすめです。

タイヤがブリヂストンかヨコハマかの問題ではないので、取り付け作業はどのメーカーでも同じです。海外のミシュランやピレリ、ナンカンなどでも交換作業手順と方法を間違えなければ履き替えはできます。

作業前の点検準備

エコタイヤオールシーズンタイヤなどどの種類であっても作業に大差はありません。工具もなしでジャッキだけあれば履き替えられると思っている人もいるでしょうが、ちょっと注意!

メンテナンスの基礎はタイヤ交換で、運転免許を取得する時にも練習したと思います。ただ、失敗すると死亡事故が起こることもあるのでしっかりと準備をしてからにしましょう。

■注意点

  • 平坦な路面で作業
  • シフトレンジをPにする
  • サイドブレーキを確実に引く
  • 周囲とトラブルのない場所選び
  • タイヤ止めや軍手などで安全確保
  • 室内の余分な荷物を降ろす

安い海外製おすすめ
オートウェイタイヤ通販

ホイールナットを緩める

オデッセイのホイールキャップが付いているなら外しておきます。そしてジャッキアップする前にホイールのナットを緩めておきます。こうしないとタイヤが浮いて空転してしまうので、力自慢の人でもホイールからタイヤを外せなくなってしまいます。ホイールナットは外さずに少し緩めるだけにしておきましょう。こちらもジャッキアップした時に外れて大惨事!になりかねませんから。

車載のホイールナットレンチかトルクレンチで緩めていきます。緩めた時の力加減を覚えておくか、トルクレンチで計測をしましょう。

ジャッキアップ方法

ボディの下部のサイドステップ(ドアの下のところ)をのぞいてみると切りかきが見えると思います。すこしくぼんだ所にジャッキをセットしましょう。ぶっちゃけどこにセットしても問題ありませんが、ボディに傷をつけるのでくぼみにセットするとズレが出ません。

ジャッキアップする時にウマ(ジャッキスタンド)を使うと聞いたことのある人もいるでしょうが、タイヤの交換程度なら必要ありません。ジャッキで高く車体を持ち上げすぎると作業がしづらくなるので使わないのです。

ジャッキをセットしたらタイヤが少し浮くくらいに持ち上げます。完全に浮いてしまうと締める時に困ります。

ホイールを外す

工具を使い、さらにナットを緩めていきます。最後は手作業でナットを一つ一つ外したらタイヤの落下に注意しましょう。タイヤとホイールはセットで10kg以上はあります。外す時でもしっかりと両手でしゃがんで持ちながら外すと安全です。ぎっくり腰になったり、足をはさんで靴に傷をつけてしまう人もいますから。外したタイヤ&ホイールは車体の下に寝かせて置いておきましょう。

タイヤ装着

スペアタイヤか新品のタイヤを装着します。スチールのホイールなら重量はあるのでナットの部分とクリップボルトの位置を合わせて取り付けます。ナットを手作業で取り付けていき、対角線上に工具で締めてきましょう。完全に締め切らずに仮締めです。その後レンチで最後のナットの締め作業をしますが、めいっぱい締めずに体重をかけて適度な加減で締め付けます。トルクレンチを使用するなら音で「カチッ」と加減が分かるので初心者でも安心!

YOUTUBE動画 JAFタイヤ交換

タイヤ交換の工賃

履き替えの方法

オートウェイタイヤ通販ではタイヤの取り付け工賃は1本で1,000円程度の料金になります。ピットサービスを受けられるショップで購入すると未経験者や力のない女性でも安心ですね。カーショップではスタッドレスタイヤや流行の低燃費タイヤも販売しています。

スタッドレスやサマータイヤへの履き替え・組み換え作業も対応しています。アルミホイールや修理補修用のキットも低価格で販売しているのでおすすめです!

そのままカー用品店で購入しても取り付け依頼はできますし、持込してもピットサービスを受けられます。通販特価品もあるのでアクセサリーなどと合わせて通販すると安くなります!

まとめ

パンクバーストなどで緊急に修理交換が必要になった時にはロードサービスを受けることもできます。日本自動車連盟(JAF)に入会しておくとバッテリー上がりやタイヤトラブルなど総合的なロードサービスを受けられます。会費はかかりますが、車載工具の積載には限度があるのでいざという時には加入しておくと安心感が違いますね。脱輪やホイールの破損で牽引が必要になってもJAFで対応してくれます。

パンク程度では走行できることもありますが、ホイールや道路を傷めるため推奨できません。パンク修理キットが販売されていますが、こうしたものは応急処置なのでスペアタイヤに履き替えするか、新品と交換しましょう。車載用具としてオデッセイのラゲッジルームに積載しておくのには向いています。

 

あなたのシェアが助けになります