あなたのシェアが助けになります

オデッセイリースの評判 中古車買うのとどっちがいい

あなたのシェアが助けになります

個人で使うなら借りるべきか

リース受付女性画像カーリースといえば社用車として利用されることがほとんどでした。大手企業から中小企業まで経費で自動車購入して特定の期間だけレンタルし返却するのです。

大型店やネットショップの進出で自営業者は減ったとも言われますが、代わりにフリーとして働く人も増えてきたとのデータもあります。個人で使用するなら仕事用でなくともレンタルか、購入して長期間乗車するか決めなくてはなりません。

ミニバンは定員数が多いものの、商用での積載能力は旧来型の商用バン(ハイエースなど)に劣るとも言われます。リースで借りるならミニバンが優れているのか、中古車購入で費用を抑えるのが賢いのか、考えてみましょう。

カーリースとは

オデッセイリースで借りられるかリースは提供するリース会社から一定期間物品(自動車やパソコン、専用機材など)を借り受けて、契約満了後に返却する取引のこと。自動車であればコスモ石油やORIXが有名ですが、ホンダ自身もリース契約が可能です。

契約時にリース料の支払いプランを立てて、残価設定により料金支払い方法を変えることもできます。借り受ける自動車は新車になりますが、オリックスなど一部では中古車でも借りられます。例えばオデッセイを借りる場合でも自由なグレード選択、オプション選択ができるとも限りません。リース会社に詳細を相談して決めるのが妥当でしょう。

マイカーローンを組む場合と同じ様に所有者の名義で後々トラブルが出ることもあります。リースでも名義はリース会社になるでしょうし、途中解約する場合の支払い方法、違約金なども契約書の確認が必要です。

自動車所持方法比較

カーリース

審査に合格すればリース可能。個人信用情報機関へ照会をかけているが、全ての情報開示はされないといわれている。詳細な審査基準は不明で、リース会社による。カスタムは原則不可能だが、諸費用などが安く済むこともある。商用車向けだが、個人向けリースも登場した。

カーシェアリング

こちらも審査がある。支払い方法でもクレジットカードなど信販会社を利用するため、過去の信用情報が審査に影響する。レンタカーと同じく営業所によりレンタルできる車種が決まっている。希望車種は少なく、ミニバンは借りられないことも多い。ステーションから借りて出発し、返却もステーションに返す。

レンタカー

免許があればブラックリスト、免許取立て初心者の人でも借りられる。営業所の営業時間に左右されるが、早朝深夜でも開いている店もある。車種は店により異なり、ミニバンやトラックなど引越しにも使えるクルマが借りられることもある。

中古車購入

購入時に印鑑証明書などの書類は必要だが、信用情報は考慮されない。ローンで購入する場合は販売店が提携している信販会社の審査に合格することが条件となる。現金で支払うか、下取りして購入するならクレヒスは関係ない。欲しい車種が見つからないこともあるが、有名店なら取り寄せも可能。

新車購入

自動車ディーラーで所定の手続きが必要。書類は必要だが、お金があるなら基本的には購入はできる(車庫証明書や印鑑証明書などは必要)。ディーラーでは車種選択は自由とされるが、一部地域非対応もある。オプション設定や少量生産車、受注生産車は納期が遅れることもある。

おすすめリース会社情報

オリックス自動車カーリース情報
リンク
リース車 トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・三菱・スバル・スズキ・ダイハツ・レクサス 一部中古車
詳細 新型オデッセイアブソルートも借りられる。5年契約の「いまのりくん」7年契約の「いまのりセブン」9年契約の「いまのりナイン」がある。楽天市場に出店しているため、楽天ポイント払い可能。リース契約すると1万ポイント以上がもらえる。

リースと中古車購入どちらがお得

新型オデッセイRC系レンタル節税効果を期待する場合、日本の税制について知らなくてはなりません。自動車重量税はその名のとおり本体重量に対して課せられる税金です。軽自動車が維持費が安いのも税制の仕組み、燃費とランニングコストの安さ、交換部品が廉価であることもあるでしょう。

オデッセイのようなミニバンは5ナンバーサイズでハイブリッドもなく、同系ライバル車と比較して燃費でも劣ります。維持費を気にせずハイオクのアブソルートでハイパワーな最上級車が欲しいなら構いませんが、経費節減なら小型の乗用車か商用車を選択するのがおすすめです。

自動車中古車レンタカー女性中古車の4年落ちを買うのも一年で経費計上できるというメリットがあるからでしょう。新車として購入する場合、減価償却として数年かけて経費にしていきます。

新車はもちろん自由にMOP選択でき、誰の手垢もついていないまっさらな自動車ですが、中古車でも新古車のように1・2年落ちの新型車に乗るなら安く購入できることになるでしょう。2年以内なら車検の残りがあるもので、その分の費用も節約できます。

カーナビやETCなどのオプションは購入後にディーラーに持ち込んで装着できるものもあります。コストパフォーマンスなら中古車のメリットはいくつもあるのです。激安50万円以下は買い方にも目利きがいりますが、新型なら比較的高品質で事故歴もない安全な自動車が手に入るでしょう。

リースは契約期間が5年7年と固定です。カーシェアリングも含めて評判が上がらないのも個人向けではなく、一部の使用用途に限られるからでしょう。審査条件があることもそれを示しています。新車・中古車購入ならその後売却するにも許可は必要ありません。

口コミサイト、掲示板サイトの評判でも「リースが本当に利用するべきか」意見が分かれます。どちらにしても契約条件などを比較してみることが大切です。未使用車や車検整備付が買える中古車も検討してみましょう。

良質な中古車検索
申し込みしたら電話かメールで確認しよう!

マイカーでどこへ行きますか? 新車中古車乗りたい買いたいどれがいい 売れない売り先どこにする

おすすめランキング1位

知名度ランキング1位ガリバーオンライン検索
古いクルマ買うならガリバー
評価:★★★★☆
日本全国に店舗があって、無料相談。気軽に希望車種を探せる。有料オプション保証も付くから、中古車でも安心して買える。まずは希望の車があるのか、予算などで聞いてみよう。申込み後電話で話すから初心者でもかんたん。事故歴なしの高品質車で最長10年保証と返品も可能!(条件あり)下取りして新型車買ったり、独自ローン制度と便利なサービスが特徴だ。ここでしか手に入らない最新情報手に入れよう!
⇒ネット限定お得車両
今すぐガリバーで買いたい

 

あなたのシェアが助けになります